『むしめづるひめぎみ』〜堤中納言物語

当会の「むしめづる」というのは、堤中納言物語の「むしめづるひめぎみ」にちなんでいます。

なかなか、すてきな、変わった姫君ですので、是非一度、お読みください。

 

原書は京大図書館のデータベースでみられます。こちら

 

こちらの現代語訳がおすすめです。

 

…なかなかの「変わり者」という設定は今にもあてはまることかもしれませんが、、姫が最後にいったように、

 

 

 — 人はゆめまぼろしのやうなるよに、たれかとまりて、

   あらき事をもみ、よきをもおもふべき

 

 

 

ちなみに、、このお話を知ったきっかけは『風の谷のナウシカ』(コミック版)でした。